2016年06月28日

「J-Jazz Age〜邦人ジャズの時代」プログラム・ノートその2

Long Yellow Road〜黄色い長い道(穐吉敏子)
039.jpg
作品のインスピレーション:穐吉敏子
The most important developmental years in anyone's life, I think, between 16 and 25. That is the time that your character is built, when what you are as a human being is defined.
My whole life was jazz during those years, I really became an adult through jazz music. To me, jazz is mine. I can't pretend that it's someone else's music, or that I just play it because I love it - I can't separate myself from it at all.
And yet, I realize that it is purely American music, and since I am Japanese, what is my position in the jazz world?
I've heard a lot of black musicians say that white musicians took their music and profited from it, leaving them with nothing...I feel I'm involved in that, too. Am I invader, too? Am I taking from jazz and giving nothing back?
The only way I am able to resolve this dilemma is to give what I am back to jazz by composing. If I have developed my music to the point where a listener can sense my attitudes - that is, my history as it reflects Japan and as it reflects what I've learned of America in the past 20 years - if the listener can hear my history and my individuality, then I have accomplished the solution.
- Toshiko Akiyoshi

「誰にとっても人生で最も大事な成長期というのは、16歳から25歳の時で、そのあいだに、性格が確立されてきて、ひとりの人間として何者なのかが決まってくると、私は思います。
こういった成長期に、私は全ての生活をジャズに捧げて、ジャズという音楽を通して、私は大人になったのですね。つまり、私にとって、ジャズとはすなわち私自身なんです。ジャズは、他の誰のものでもなくて、ただ単に好きだから演奏しているといったものでもないのですよ。自分自身とは切っても切れないものなんですね。
だけれど、ジャズというのは、純粋にアメリカ音楽であることも理解していて、私はやはり日本人なので、ジャズの世界で、自分自身の立ち位置というのは、どこにあるのかと疑問に思うわけです。
いままで、多くの黒人の音楽家たちが、こういうのを聞いてきました。曰く「白人たちは、僕らの音楽を奪って、それで大儲けしているんだ、音楽には何の貢献もしていないのに。」と。私もそういったことに加担しているのかしら、あるいは盗るだけ盗って、何も返さない侵略者にすぎないのではないのか、と考えたりするのですね。
この板挟み(ディレンマ)を解くことができる唯一の方法というのは、作曲することによってジャズにお返しをしていくことなんです。つまり、私の姿勢、すなわち音楽の中に反映されているであろう日本での生活や、過去20年に渡って学んで来たアメリカを、感じ取ってもらえるような音楽を創り上げることができて、私の経験や個性といったものを人々に聴き取ってもらえたとしたら、(この問題を)克服することになるのではないかな。」
(拙訳:渡邉晋)
posted by TBAO at 23:43| Comment(0) | TBAO コンサート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]